語学留学日記 by ぽけもん
カリフォルニア州サンディエゴでの10ヶ月間
プロフィール

成田家ぽけもん

Author:成田家ぽけもん
28歳 男
EF International
Language School of
English at San Diego
2007.9 - 2008.5

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銃社会
今夜もVONS(食品スーパー)前でネット。


いやー、やっぱLINDBERGはいい。

動画で「BELIEVE IN LOVE」「GAMBAらなくちゃね」「だってそうじゃない!?」とか観てたらキュンとしてしまいます。

「BELIEVE IN LOVE」なんて特にウルッとくる。17年前、小学5年の時の名曲やもんなー。

あと、globeの「FACES PLACES」。

これはこないだ初めて聴いたんやけど、イイ曲やね!

KEIKOスゲぇ。

それに引き換え、映画版「HERO」。(引き換わってないけど)

なんだアレ?

内容薄すぎるやろ。最初から最後のほんとに全シーンが、最後のキスのためだけのモンやん。

ドラマ版とか全く観たことなかったからそう思えるんかな。

でも参った。


で、今週から学校へ通う代わりにボランティアを始めました。

その前に通い始めてたコミュニティカレッジ(無料の公開講座みたいなの)が、ホントの移民向けのプログラムだったので基礎的で簡単すぎたんですよ。

なので、これは社会に出てネイティヴの人たちと接してた方が英語の勉強になるな、と思って。

一応毎日、アメリカ海軍の海兵隊の航空基地(ややこしい)の中で働いてます。

中古品ショップの中で、服とかおもちゃとか本とか寄付されてきた品物を仕分けする仕事をしてます。


そしてそして!!

日本のみなさん!!

7月18日(金)14時に帰国します!!

ぜひぜひ遊んでください!

誰からどう会ったらイイのかわかりませんけど、なんて言うほど友達いないですけど、完全に。でもみんな会いましょう!


で、昨日の夕ご飯の席で。

その航空基地に入る時の検問の隊員がリボルバー(小さなピストル)じゃなくてオートマチック(もうひと回り大きな拳銃)を持ってるんだね、っていう話をホストファザーにしたら、「彼らはとにかく最初の1発で敵の動きを止めなきゃいけないんだ。後で見せてあげよう」って言って、なんと実物を見せてくれました。さすがアメリカ!

まずはハンティング用の拳銃
画像 2037
実際に構えるジョン(元海軍)

「今度撃ちに連れて行ってあげるから、ヒサも練習してみよう」って言われて渡された瞬間、ホントに重くて(5kgぐらい!?)テンションも上がってしまい、直前に言われたルールをすっかり忘れて一瞬銃口をジョンの方に向けてしまってました。

すかさずジョンに注意されて一言。

「オレは今この銃が装填されてないって知ってるから大丈夫だった。だけどもし目の前に銃があったら、誰が何と言おうとその銃は装填されてると思いなさい。自分の目で確かめるまでは」

・・はい。

そしてこれは息子用の、あのM-16!!
画像 2038
(マガジンは装填されてません)

ゴルゴ13や!

コレも重かった!

銃身の先端に赤いチョボが付いてるんですが、それをスコープで覗いたら赤く光って見えてレーザーポインターみたいでカッチョ良かった!

最後がフツーに枕元から出てきた護身用のピストル(オートマチック)。
画像 2040
これは実際に装填されてて(!)、怖かったです。勿論すぐにマガジンを外してたけど。

「コレを持つ時は“オレは人を殺せるんだ”っていう自覚を常に持たなければいけない。もしその責任を負えないでこんなモノを持ち歩いてたら、扱いを間違えて余計に人を傷つけてしまうから」

ジョンのこだわりは、通常の9mmの弾丸より大きな44(口径?)のピストルをチョイスしているところ。

先の海兵隊員と同じ理由で、もし不法侵入者の急所を外して腕や足に当ててしまったとしても、相手をなぎ倒せる程の威力があるかららしい。

そして倒れた相手の急所に狙いを定めながら「Don't move!」ってやればいいんですって。

他にも銃ごとの特徴とか左手の添え方とか実戦ではどうなのかとかいろいろ教えてくれて、ためになりました。

いやー、銃社会。

僕はアメリカに銃があるから殺人事件を増やしてるんじゃないかと思ってたんです。

だってそりゃあ単純に、悪い奴はそれで自分の身を守って犯罪を犯せるし、いい人だってカッときた時に手元に銃があれば発砲するでしょう。

でもジョン曰く、実際にそのことを検証する実験がちょっと前までどこかの州で行われてたらしいんですよ。何年間かに渡って。

その地域で一般人の銃の所持を禁止した結果、犯罪数自体が逆に増えたらしいです。

やはり悪い奴はどこからか銃を手に入れてくるようで。

今さらアメリカに出回ってる銃を全部回収するなんて不可能なんでしょうし。

どうすればいいんでしょう。

とにかく、夜中に誰かが入ってきても硬いモノを手に持って襲い掛かるなんてことをしないように気をつけておきます。


【追記】

現在の我が家
    ↓
Googleマップ写真
「ストリートビュー」の写真の右側の建物の左半分が今のホストの家です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

もうすぐ帰国ですね。おかえりなさい!
あっという間やったねえ。
TVゲームでバイオハザードとかやってたから、私も
リアル銃の話は興味深いです。
しかしM-16が家庭にあるとは、さすが元軍人。
【2008/06/26 21:38】 URL | 写楽 #- [ 編集]

〉写楽
いやー、長かったよ!!
毎日学校行って・・・
わいも「SAW」とかバイオハザードっぽいグロい映画をテレビで観たりして、またバイオハザードの1~2あたりがやりたくなってるから、新居の場所教えてくれ。
【2008/06/27 02:57】 URL | ぽけもん #- [ 編集]


お前の広がる見聞に嫉妬だ
【2008/07/02 23:38】 URL | チャールズ #- [ 編集]

〉チャールズさん
毎晩夕食中に、ジョン(ホストファザー)が30分程度何らかの話を一方的にしてくれます。
「ヒサにはアメリカの文化を教えてあげなきゃいけない」って。
ありがたいけど、一方的過ぎてエラい…。
【2008/07/03 17:03】 URL | ぽけもん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。