語学留学日記 by ぽけもん
カリフォルニア州サンディエゴでの10ヶ月間
プロフィール

成田家ぽけもん

Author:成田家ぽけもん
28歳 男
EF International
Language School of
English at San Diego
2007.9 - 2008.5

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CONCERTO MOON at Bay Area Rock Fest. in S.F.
さあさあさあ、行ってきましたよーサンフランシスコ!!
2回目は一人でライヴ観戦です。

今回の日記も完全にメタルファン向けです。すみません。
でも日本の皆さん(ごく一部)を代表して行きましたので、書かなきゃイカンのです。

さて、今回は我らが日本のCONCERTO MOONがロックイベントに出演するとのことで、迷わず参加しました。
チケット代も4,000円以下だったし。(それでもサンディエゴから飛行機で行ってるけど)
そら応援しに行きますよ!

会場
画像 1976
ダウンタウンから少し離れたところにある200~300人くらい収容のクラブでした。
観客はやはり20~40・50代の人がいろいろいました。
コレは他の共演バンドの影響(JEFF SCOTT SOTO・ENCHANT・ROCKET SCIENTISTS)もあったんでしょう。

まずは我らがCONCERTO MOON from JAPAN!!

メンバーが出てきて(ついにアメリカ上陸!)、長田さん(ジャパニーズミニCozy Powell!)がおもむろに2バスドコドコ8ビートを叩きだす。
(おお!1曲目のあのリズム)
それに合わせてイキナリ井上さんが客を煽りだす。
(おお!これはアメリカ仕様の演出ですかー!?
2回ほどツアー見逃してるからわからん!)
まだまだお客さんはあったまってないけど、そんなもん全然気になりません。
これからが本番ですから。
そしていよいよ「FIND THE KEY」がスタート!!

画像 1979
(アメリカなんで写真とっちゃいました)

やった!!
いつも通り火力満載のCONCERTO MOONが、アメリカのロックファンの前で演奏してる!!
感動です。

SET LIST
1. FIND THE KEY
2. FROM FATHER TO SON  (いきなり!)
3. OVER AND OVER
4. THE GLADIATOR
5. ALONE IN THE PARADISE
6. 30 MIN. IN THE DARKNESS
7. TIME TO DIE
8. CONCERTO MOON  (予想外!)

この激しいセットリスト!
いやいや、10ヶ月ぶりにみたCONCERTO MOONさんはド迫力になってました。
いつもとは違う意味で燃えてたというのもあるんじゃないかと思います。

まずはリーダー島さん。
熱かった。
そしてアメリカでプレイするのをホント楽しんでるような感じで、ノリのイイ客とちょくちょくコミュニケーションをとってました。
最前列の「アタシこのウルサい音楽には興味ないから」みたいな女の一人が曲中にいきなり「ピックちょうだい!」って手を差し出してた時も、「このタイミングで!?」みたいな感じでちゃんとあげてました(ように見えました)。
そしてやはりそのテクニックというか“熱さ”に、アメリカ人が舌を巻いてました!ホントに!
特に前の方で島さんの動画を撮りまくってたおっちゃん2人組はスピードガンを持った野球スカウトみたいなノリで、特にメロウな速弾きパート(←「THE GLADIATOR」のソロ始まり?「TIME TO DIE」のソロ終わり?ちょっと忘れてしまいましたけど)では「ヒャハッ、信じらんねぇや・・」てな感じで溜息まじりに首を横に振ってました。面白かった!

次に長田さん!
アメリカらしくdwのセット(勿論他人のん。しかもスネアまでdw)で叩く長田さんは珍しいけど、左右のバスドラがちょっと…違うんじゃないですかー…?
まあ、段取りの都合なんでしょう。
でもシンバルは水平。最高!
プレイはいつも通り男らしくてドキドキハラハラでスリリングで、さらに頭振りーのスティック回しーの腕振り上げーので、去年の夏に江坂で観た時よりもアクションが激しくなってるような気がしました。
アタマ振りまくりの時は最前列のおねえーちゃん達が「スゴイッ!」って笑顔で見てましたよ。
そして多分、あのクラブ内で最小の人物だったと思います。
後で観客席の中で見つけた時、「あ、日本人の女の子が来てる」って思ってしまいましたもん、一瞬。

さらに小池さんと木本さん!
小池さんもキーボードたった1台(勿論他人の)!非常に気の毒!
だからか、僕の中でライヴのハイライトである「ALONE IN THE PARADISE」間奏の島さんの哀メロの後ろで“♪ファ~ッ”と鳴ってるキーボードが聞こえずに残念でした。
でもこのお二方も前より激しくなってて、小池さんはお客さんの方を向いて頭振りまくってたし、木本さんもそのフィンガーピッキングが客にアピールしてて、腕突き上げたりとか激しい感じでした。

最後にボーカル井上さん!
ある意味この日のMVP!
2曲目が終わった後の馴れない英語MCをさっさと諦め、いきなりのカンペ。
これが一部の観客にバカ受け。
その後も随所に披露し、他のお客さんも和む。
いやー、ここまで不器用さ全開で正直で積極的(笑いに?)な井上さん、初めて見ました。
でも、人を楽しませるこの姿勢にはすごく好感が持てた!
これからも素直な井上さんであってほしいです。

お客さんはというと、勿論曲を知るハズもないので各々好きなようにノッてました。
(そうそう、「ALONE IN THE PARADISE」前の恒例のレスポンス合戦では、下手側のお客さんが見事に無反応!逆にスッキリした!島さんの立ち位置もあって意図が伝わらなかったのでしょう)
先に触れたように、驚きの表情で写真を撮る人たちも多数。
他の3組がややアダルトなロックを聞かせる人たちで、ソレ目当てのお客さんばかりだったので、この押せ押せのセットリストとプレイはかなりインパクトがあったみたいです。
僕自身はライヴ中、「ミドルテンポの曲とかもやれば、またもう一つアピールするものがあるんじゃないかな」と思ったりもしたんですけど、終演直後やその後の話を聞いてるとみんな口々に「ジャパニーズのバンドがクールだった」「コンチェルト・ムーン」とか言ってましたし、これで良かったんだと思います。
いろいろ試行錯誤があってこの勢いのあるセットリストに決まったそうですし。
こんなに男らしい音楽、みんな聴いたコトなかったでしょうね。
ちくしょう、物販もなかったし、ベスト選曲のCD-Rでも焼いて配るべきやった!

他のバンドは…
ゲストとして、ROCKET SCIENTISTにラナ・レーンが、JEFF SCOTT SOTOにY&Tの二人とエリック・マーティン(ex.MR.BIG)が出てきました。
画像 2006
年越しライヴ以来となる、今年2度目のデイヴ・メニケッティ(人間国宝)!

トリのジェフ・スコット・ソートではやはり、イングヴェイメドレーとゲストが出た時と、あとお遊びのポップスやディスコソングの時が一番盛り上がってましたね。
エリック・マーティンとはなんと「Daddy, Brother, Lover, Little Boy」をデュエット!
しかし高音の出ないエリック!
Y&Tとは「Open Fire」そして「Mean Streak」!!最高!!
でもデイヴも日本ツアーから帰ってきたばかりとかでちょっと声が出にくそうでした。
ジェフはやっぱり上手かったしステージのこなしも堂々としてて楽しかった。


いやー、感動した。
CONCERTO MOONはもう、どのロックファンの前にでも出て行けると確信できたし(僕が偉そうに言えませんが)、何よりも海外のロックファンを叩きのめした素晴らしい一夜だったと思います。
また「LOUD PARK」のような大きな会場、海外の小さなクラブ、いろんなところでプレイしていってほしいです!
本当にありがとうございました!


Y&T「Mean Streak」の時に、観客席で少年に戻ってエアギターを弾きまくるエリック・マーティン!
画像 2007
また歌えるように喉のケアもよろしくー。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

超貴重なレポありがとう!!!
【2008/07/01 22:38】 URL | no name #- [ 編集]

はじめまして★
長田さんのブログから来ました★

日本でお留守番だったので、行った人のルポ読めて嬉しかったです★

すごい伝わってきて読んでて熱くなりました(@^▽^@)
ありがとうございました♪
【2008/07/01 23:04】 URL | NORIKO★ #- [ 編集]

( ̄▽ ̄)v
スパシ~バでR


私ドスもサンフランでシスコナイトをしたかったですな!


まぁ…いかんせん…





赤貧やから(笑)


( ̄▽ ̄)v

【2008/07/02 00:28】 URL | ドスカラス #- [ 編集]


〉no nameさん

どういたしまして。
僕もまさかアメリカでCONCERTO MOONを観られるなんて思ってもみませんでした。

〉NORIKO★さん

僕も最近は日本ツアーのお留守番組です…悲しい。
でもホント、前よりも超ド迫力になってるように感じました!

〉ドスカラスさん

お、コージー&トニー・マーティン時代のBLACK SABBATH in U.S.S.Rですね。
木本さんもまだメンバーでいてくれて一安心でした。
来年も残ってもらえるよう地道に応援していきます!
【2008/07/02 08:26】 URL | ぽけもん #- [ 編集]

ありがとうございます
日本から、サンフランシスコに行きました☆が・・・緊張しすぎでconcertomoonさんのオープニングから、感激して泣いてしまいセットリストが解らずずっとがっかり凹んでました照☆そんな中セットリストが書かれてて凄く嬉しかったです☆
【2008/07/02 17:11】 URL | くみこ #- [ 編集]

〉くみこさん
日本から来られたんですか!!??スゴすぎる!!!
めちゃくちゃダイハードなファンじゃないですか!!!
でも僕も、アメリカでいつも通りの全力プレイが始まった時は本当に感動しました。
セットリストは絶対に暗記できないだろうと思って、MCの時に必死にメモりました。
【2008/07/03 17:07】 URL | ぽけもん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。