語学留学日記 by ぽけもん
カリフォルニア州サンディエゴでの10ヶ月間
プロフィール

成田家ぽけもん

Author:成田家ぽけもん
28歳 男
EF International
Language School of
English at San Diego
2007.9 - 2008.5

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月8日(月)
ほったらかしでスミマセン。帰国後はずっとSNSでばっかり更新してまして、まあ、ダラダラと過ごしてます。
今日も稲刈り+海水浴でした。水が冷たくて気持ちいい~。
P1000001.jpg
画像 2293
画像 2296

スポンサーサイト
I'm home, Japan!!
無事帰宅しました!!

画像 2100
画像 2101

10ヶ月は本っ当に長かった!
でも誰が何と言おうと、福井県大飯郡高浜町のここが僕の家です!!
永遠のホームです。

母ちゃんもばあちゃんも(父ちゃんも兄ちゃん家族も)車も、全てが無事で何より。
そして何故か駅まで僕のホンダFitで迎えに来たうちの母ちゃん。

「久しぶりやし運転したいかなと思って」

「でも、危ないやろうしお母さん運転して帰るわ」

どないやねん。
複雑な母の愛。

一夜明けてもまだ、何をしてても最高の気分です。

何より日本食最高!

昨夜のディナー
画像 2098

えー、日本食忘れかけの方たちに説明しておきますと…

肉じゃが
アジの刺身 と 焼いたの
ゆでイカと野菜のサラダ
きゅうりのぬか漬け
イカのあぶったの
とんがらしの炊いたの
トマト
枝豆
奈良漬
水戸納豆
コシヒカリ
この辺りで現役最高齢として毎日ハチマキして畑の世話してるうちのばあちゃん
同じく大黒柱として頑張りすぎてて頭部全体がヘルペスでしびれてる母ちゃん

です。
米・野菜などほぼ全て自家製です。
(シソの葉にいたるまで)
夏は毎日、きゅうり・なす・トマト攻撃です。
魚も朝水揚げされたものです。
アジは旬すぎてトロみたいに美味くなってましたが、もう少し脂が少なくて締まってる方が好きでした。
イカのあぶりもマヨネーズなんて必要ありません。
シンプルな夏の夕食、でもなんか味が立体的です!
やっぱりアメリカは大味だった!
(ロックもちょくちょく大味)

…久しぶりに日本語だらけでこんなこと説明されても難しいですよね?
なのでもう一度説明しておくと…

「肉じゃが」
「アジの刺身 と 焼いたの」
「ゆでイカと野菜のサラダ」
「きゅうりのぬか漬け」
「イカの・・・

なんて冗談はさておき。


皆さん。
本当にいろいろとお世話になりました。
留学中、サンディエゴでも、日本からも、また他の国からも、色んな形で支えられ、励まされながら無事アメリカ生活を終えることができました。
右も左もわからない、なんなら右と左が逆のことだってありうるような国、アメリカから、毎回寸分も違わすに一段飛ばしで駆け上がれるような階段が実家にある、慣れ親しんだ国、日本へ帰ってきて、結局はどこにいても自分は回りの人たちに支えられて生きていけてるんだなあ、と駅や空港の人そして家族と接したりサンディエゴを思い返したりしながら肌で感じています。
本当にありがとうございます。
また、改めて報告を差し上げます。

このブログでも、最後の方のサンディエゴ生活の様子なんかをちょくちょくアップしていこうと思います。



そして。
なんか増えてるかな?と思って入った兄ちゃんの部屋には…
画像 2234
朗読CD(byケンコバ!)付き!
イラストからご察しの通り、第1~3部の名ゼリフを集めた内容です。
だから100枚目なんて容易に想像がつきますよね!
1枚目も、3択クイズなんかになってたらみんなわかるんじゃないでしょうか。

№100
「てめーの敗因は… たったひとつだぜ… …DIO…
 たったひとつの単純な答えだ……
 『てめーはおれを怒らせた』」 (承太郎)

№1
「もうひとつ!
 僕は犬が嫌いだ!怖いんじゃあない
 人間にへーこらする態度に 虫酸が走るのだ!」 (DIO)

2人目の子供が生まれてもこんなの買い続けてるうちの兄ちゃん。
アンタも最高だ!
CONCERTO MOON at Bay Area Rock Fest. in S.F.
さあさあさあ、行ってきましたよーサンフランシスコ!!
2回目は一人でライヴ観戦です。

今回の日記も完全にメタルファン向けです。すみません。
でも日本の皆さん(ごく一部)を代表して行きましたので、書かなきゃイカンのです。

さて、今回は我らが日本のCONCERTO MOONがロックイベントに出演するとのことで、迷わず参加しました。
チケット代も4,000円以下だったし。(それでもサンディエゴから飛行機で行ってるけど)
そら応援しに行きますよ!

会場
画像 1976
ダウンタウンから少し離れたところにある200~300人くらい収容のクラブでした。
観客はやはり20~40・50代の人がいろいろいました。
コレは他の共演バンドの影響(JEFF SCOTT SOTO・ENCHANT・ROCKET SCIENTISTS)もあったんでしょう。

まずは我らがCONCERTO MOON from JAPAN!!

メンバーが出てきて(ついにアメリカ上陸!)、長田さん(ジャパニーズミニCozy Powell!)がおもむろに2バスドコドコ8ビートを叩きだす。
(おお!1曲目のあのリズム)
それに合わせてイキナリ井上さんが客を煽りだす。
(おお!これはアメリカ仕様の演出ですかー!?
2回ほどツアー見逃してるからわからん!)
まだまだお客さんはあったまってないけど、そんなもん全然気になりません。
これからが本番ですから。
そしていよいよ「FIND THE KEY」がスタート!!

画像 1979
(アメリカなんで写真とっちゃいました)

やった!!
いつも通り火力満載のCONCERTO MOONが、アメリカのロックファンの前で演奏してる!!
感動です。

SET LIST
1. FIND THE KEY
2. FROM FATHER TO SON  (いきなり!)
3. OVER AND OVER
4. THE GLADIATOR
5. ALONE IN THE PARADISE
6. 30 MIN. IN THE DARKNESS
7. TIME TO DIE
8. CONCERTO MOON  (予想外!)

この激しいセットリスト!
いやいや、10ヶ月ぶりにみたCONCERTO MOONさんはド迫力になってました。
いつもとは違う意味で燃えてたというのもあるんじゃないかと思います。

まずはリーダー島さん。
熱かった。
そしてアメリカでプレイするのをホント楽しんでるような感じで、ノリのイイ客とちょくちょくコミュニケーションをとってました。
最前列の「アタシこのウルサい音楽には興味ないから」みたいな女の一人が曲中にいきなり「ピックちょうだい!」って手を差し出してた時も、「このタイミングで!?」みたいな感じでちゃんとあげてました(ように見えました)。
そしてやはりそのテクニックというか“熱さ”に、アメリカ人が舌を巻いてました!ホントに!
特に前の方で島さんの動画を撮りまくってたおっちゃん2人組はスピードガンを持った野球スカウトみたいなノリで、特にメロウな速弾きパート(←「THE GLADIATOR」のソロ始まり?「TIME TO DIE」のソロ終わり?ちょっと忘れてしまいましたけど)では「ヒャハッ、信じらんねぇや・・」てな感じで溜息まじりに首を横に振ってました。面白かった!

次に長田さん!
アメリカらしくdwのセット(勿論他人のん。しかもスネアまでdw)で叩く長田さんは珍しいけど、左右のバスドラがちょっと…違うんじゃないですかー…?
まあ、段取りの都合なんでしょう。
でもシンバルは水平。最高!
プレイはいつも通り男らしくてドキドキハラハラでスリリングで、さらに頭振りーのスティック回しーの腕振り上げーので、去年の夏に江坂で観た時よりもアクションが激しくなってるような気がしました。
アタマ振りまくりの時は最前列のおねえーちゃん達が「スゴイッ!」って笑顔で見てましたよ。
そして多分、あのクラブ内で最小の人物だったと思います。
後で観客席の中で見つけた時、「あ、日本人の女の子が来てる」って思ってしまいましたもん、一瞬。

さらに小池さんと木本さん!
小池さんもキーボードたった1台(勿論他人の)!非常に気の毒!
だからか、僕の中でライヴのハイライトである「ALONE IN THE PARADISE」間奏の島さんの哀メロの後ろで“♪ファ~ッ”と鳴ってるキーボードが聞こえずに残念でした。
でもこのお二方も前より激しくなってて、小池さんはお客さんの方を向いて頭振りまくってたし、木本さんもそのフィンガーピッキングが客にアピールしてて、腕突き上げたりとか激しい感じでした。

最後にボーカル井上さん!
ある意味この日のMVP!
2曲目が終わった後の馴れない英語MCをさっさと諦め、いきなりのカンペ。
これが一部の観客にバカ受け。
その後も随所に披露し、他のお客さんも和む。
いやー、ここまで不器用さ全開で正直で積極的(笑いに?)な井上さん、初めて見ました。
でも、人を楽しませるこの姿勢にはすごく好感が持てた!
これからも素直な井上さんであってほしいです。

お客さんはというと、勿論曲を知るハズもないので各々好きなようにノッてました。
(そうそう、「ALONE IN THE PARADISE」前の恒例のレスポンス合戦では、下手側のお客さんが見事に無反応!逆にスッキリした!島さんの立ち位置もあって意図が伝わらなかったのでしょう)
先に触れたように、驚きの表情で写真を撮る人たちも多数。
他の3組がややアダルトなロックを聞かせる人たちで、ソレ目当てのお客さんばかりだったので、この押せ押せのセットリストとプレイはかなりインパクトがあったみたいです。
僕自身はライヴ中、「ミドルテンポの曲とかもやれば、またもう一つアピールするものがあるんじゃないかな」と思ったりもしたんですけど、終演直後やその後の話を聞いてるとみんな口々に「ジャパニーズのバンドがクールだった」「コンチェルト・ムーン」とか言ってましたし、これで良かったんだと思います。
いろいろ試行錯誤があってこの勢いのあるセットリストに決まったそうですし。
こんなに男らしい音楽、みんな聴いたコトなかったでしょうね。
ちくしょう、物販もなかったし、ベスト選曲のCD-Rでも焼いて配るべきやった!

他のバンドは…
ゲストとして、ROCKET SCIENTISTにラナ・レーンが、JEFF SCOTT SOTOにY&Tの二人とエリック・マーティン(ex.MR.BIG)が出てきました。
画像 2006
年越しライヴ以来となる、今年2度目のデイヴ・メニケッティ(人間国宝)!

トリのジェフ・スコット・ソートではやはり、イングヴェイメドレーとゲストが出た時と、あとお遊びのポップスやディスコソングの時が一番盛り上がってましたね。
エリック・マーティンとはなんと「Daddy, Brother, Lover, Little Boy」をデュエット!
しかし高音の出ないエリック!
Y&Tとは「Open Fire」そして「Mean Streak」!!最高!!
でもデイヴも日本ツアーから帰ってきたばかりとかでちょっと声が出にくそうでした。
ジェフはやっぱり上手かったしステージのこなしも堂々としてて楽しかった。


いやー、感動した。
CONCERTO MOONはもう、どのロックファンの前にでも出て行けると確信できたし(僕が偉そうに言えませんが)、何よりも海外のロックファンを叩きのめした素晴らしい一夜だったと思います。
また「LOUD PARK」のような大きな会場、海外の小さなクラブ、いろんなところでプレイしていってほしいです!
本当にありがとうございました!


Y&T「Mean Streak」の時に、観客席で少年に戻ってエアギターを弾きまくるエリック・マーティン!
画像 2007
また歌えるように喉のケアもよろしくー。
銃社会
今夜もVONS(食品スーパー)前でネット。


いやー、やっぱLINDBERGはいい。

動画で「BELIEVE IN LOVE」「GAMBAらなくちゃね」「だってそうじゃない!?」とか観てたらキュンとしてしまいます。

「BELIEVE IN LOVE」なんて特にウルッとくる。17年前、小学5年の時の名曲やもんなー。

あと、globeの「FACES PLACES」。

これはこないだ初めて聴いたんやけど、イイ曲やね!

KEIKOスゲぇ。

それに引き換え、映画版「HERO」。(引き換わってないけど)

なんだアレ?

内容薄すぎるやろ。最初から最後のほんとに全シーンが、最後のキスのためだけのモンやん。

ドラマ版とか全く観たことなかったからそう思えるんかな。

でも参った。


で、今週から学校へ通う代わりにボランティアを始めました。

その前に通い始めてたコミュニティカレッジ(無料の公開講座みたいなの)が、ホントの移民向けのプログラムだったので基礎的で簡単すぎたんですよ。

なので、これは社会に出てネイティヴの人たちと接してた方が英語の勉強になるな、と思って。

一応毎日、アメリカ海軍の海兵隊の航空基地(ややこしい)の中で働いてます。

中古品ショップの中で、服とかおもちゃとか本とか寄付されてきた品物を仕分けする仕事をしてます。


そしてそして!!

日本のみなさん!!

7月18日(金)14時に帰国します!!

ぜひぜひ遊んでください!

誰からどう会ったらイイのかわかりませんけど、なんて言うほど友達いないですけど、完全に。でもみんな会いましょう!


で、昨日の夕ご飯の席で。

その航空基地に入る時の検問の隊員がリボルバー(小さなピストル)じゃなくてオートマチック(もうひと回り大きな拳銃)を持ってるんだね、っていう話をホストファザーにしたら、「彼らはとにかく最初の1発で敵の動きを止めなきゃいけないんだ。後で見せてあげよう」って言って、なんと実物を見せてくれました。さすがアメリカ!

まずはハンティング用の拳銃
画像 2037
実際に構えるジョン(元海軍)

「今度撃ちに連れて行ってあげるから、ヒサも練習してみよう」って言われて渡された瞬間、ホントに重くて(5kgぐらい!?)テンションも上がってしまい、直前に言われたルールをすっかり忘れて一瞬銃口をジョンの方に向けてしまってました。

すかさずジョンに注意されて一言。

「オレは今この銃が装填されてないって知ってるから大丈夫だった。だけどもし目の前に銃があったら、誰が何と言おうとその銃は装填されてると思いなさい。自分の目で確かめるまでは」

・・はい。

そしてこれは息子用の、あのM-16!!
画像 2038
(マガジンは装填されてません)

ゴルゴ13や!

コレも重かった!

銃身の先端に赤いチョボが付いてるんですが、それをスコープで覗いたら赤く光って見えてレーザーポインターみたいでカッチョ良かった!

最後がフツーに枕元から出てきた護身用のピストル(オートマチック)。
画像 2040
これは実際に装填されてて(!)、怖かったです。勿論すぐにマガジンを外してたけど。

「コレを持つ時は“オレは人を殺せるんだ”っていう自覚を常に持たなければいけない。もしその責任を負えないでこんなモノを持ち歩いてたら、扱いを間違えて余計に人を傷つけてしまうから」

ジョンのこだわりは、通常の9mmの弾丸より大きな44(口径?)のピストルをチョイスしているところ。

先の海兵隊員と同じ理由で、もし不法侵入者の急所を外して腕や足に当ててしまったとしても、相手をなぎ倒せる程の威力があるかららしい。

そして倒れた相手の急所に狙いを定めながら「Don't move!」ってやればいいんですって。

他にも銃ごとの特徴とか左手の添え方とか実戦ではどうなのかとかいろいろ教えてくれて、ためになりました。

いやー、銃社会。

僕はアメリカに銃があるから殺人事件を増やしてるんじゃないかと思ってたんです。

だってそりゃあ単純に、悪い奴はそれで自分の身を守って犯罪を犯せるし、いい人だってカッときた時に手元に銃があれば発砲するでしょう。

でもジョン曰く、実際にそのことを検証する実験がちょっと前までどこかの州で行われてたらしいんですよ。何年間かに渡って。

その地域で一般人の銃の所持を禁止した結果、犯罪数自体が逆に増えたらしいです。

やはり悪い奴はどこからか銃を手に入れてくるようで。

今さらアメリカに出回ってる銃を全部回収するなんて不可能なんでしょうし。

どうすればいいんでしょう。

とにかく、夜中に誰かが入ってきても硬いモノを手に持って襲い掛かるなんてことをしないように気をつけておきます。


【追記】

現在の我が家
    ↓
Googleマップ写真
「ストリートビュー」の写真の右側の建物の左半分が今のホストの家です。
5月31日(土) IRON MAIDEN World Tour '08 in L.A.
そして次の日!!

先に帰国する各国の何人かが帰っていく中(トモさん、ノリ、トモミ、真結、お疲れさま!あきんちゃん、まなみ、またS.D.で)、僕はいつも通り一人で行ってきましたよ!

IRON MAIDEN in L.A.!!

あ、完璧に音楽話なんでみなさんご容赦ください。

年越しのグラハム・ボネット・Y&T以来のライヴです。
ついにあのIRON MAIDENです。
80年にデビューした現役最高のメタルバンドです。
しかも今回のツアーは特別です。
85年に世界中を席巻した、あの「POWERSLAVE」に伴うワールドツアーの再現ですよ。
しかも当時のライヴアルバム「LIVE AFTER DEATH」が収録されたカリフォルニア州ロングビーチアリーナのすぐ近く!!
興奮しないワケがない!
ブルースもMCで感慨深いものが「ある」って言ってたし。長州と違って。

夕方に車で会場に到着すると、駐車場の車の多くは早くもメタルディスコと化してました。
さすがアメリカ。
しかもみんなちゃんとメイデンTシャツを着てて、その柄があまりカブってない。
さすが世界一マーチャンダイズが売れるロックバンド。
ティーネイジャーの客が多いのにもビックリ。
頼もしいね。

そして入場したら、実は野外会場でこれまたビックリ。
画像 1908

前座が付くカップリングツアーだったので、一組目は最近恒例のローレンス・ハリス(IRON MAIDENのスティーヴ・ハリスの娘)。
1曲目が「アレ?」と思ってたらやっぱりUFOの「Natural Thing」でした。
いきなりカヴァーか。

二組目は・・・ANTHRAX!
NYから出てきたスラッシュシーンの雄!
いつも通りサイレンが鳴り響きメンバーが出てきて「Alllllll right!! Southern Californiaaaaa, fuckin' indiaaaans!!!」って「Indians」から始まった時は感動しました。
バンドのノリはちょっとまったりしてしまってたけど名曲いっぱい聴けたし、何よりも本場の観客の完璧な発音の「Cry for the indians!!!」「Caught!!! in a mosh!!!」「Anti-social!!!」ってコーラスには鳥肌が立ちました。
やっぱりいい曲の多いベテランのライヴは楽しい。

そしてトリのIRON MAIDEN。
前座入れて三組目とは言え、きっちりフルスケールのショーをやってくれました。

そしてまた、アメリカと日本の観客の違いについて触れねばなりません。
こっちの人たちはノリがいいけど、ツボを押さえきらないと言うか。
曲中もフツーに通路歩き回ってるし。
こっちは気が散る。聴け。

例えば開演前のSEでUFOの「Doctor Doctor」がかかったらそれはもう、いよいよ始まりますよ!の合図なんですよ。
やから日本やヨーロッパや南米では狂喜乱舞のはずなんですが、ここではピー!、ヒュー!、フー!とかだけで全っ然ノリ方が足りてなかった。
リズムイン後は手拍子やろ、手拍子。
ほんでジャンプ。

しかしその後の演出も素晴らしかった。
その開演前の最後のSE「Doctor Doctor」が終わった瞬間に暗転、地鳴りのようなものすごい歓声が起こり、デビューアルバムの名インスト「Transylvania」が流れてくる。
そしてスクリーンにはバンドの今ツアーの道中記のような映像が。
聞いてないよー、こんなステキな演出!
85年のツアーのライヴアルバムもフツーにチャーチルの演説から始まってたやん!
この辺はちゃんと現代のメイデンの演出を織り交ぜてるんやね。
それが一段落したらいよいよ、待ってました!のチャーチルの“鉄のカーテン”演説+映像。
「We should never surrender!」からそのままその映像の流れであの「Aces High」のイントロ!!(まだテープ。生演奏ではない)
すげーーーー!!!
これを観るために70ドル以上払ったんやーーーーーーっっ!!!!!
ほんと、バンド出てくるまでに何回鳥肌立たせるんや。
そうしてやっとリズムインした瞬間にはもう・・・涙でした。
Doctor Doctor→チャーチル's speech→Aces Highイントロそしてリズムイン・・・
やっぱりコレがメイデン史上最高のオープニングやー!

観客は相変わらず。
ノリはいいし(横のおねーちゃんとかもクラブみたいにフツーにひっついて踊ってくる)、「You'll take my life, but I'll take yours, too!」とかコーラスの発音完璧やけど、ツボ押さえ切れてないし集中しきれてないというか。
「Iron Maiden」イントロのリズムイン後、「Heaven Can Wait」中盤合唱パート、「The Clairvoyant」Cメロ? はジャンプやろ!ジャンプ。
スティーヴ・ハリスも跳ねとるやん。
もっとそういうとこでノリの良さを発揮せんか。
集中できてない原因の一つに「カメラ持ち込みOK」っていうのがあるかもしれません。
だって本編ラストのテーマ曲「Iron Maiden」なんて一番お祭り騒ぎになるはずやのにみんな微動だにしないから、周りを見渡してみたらなんと全員デジカメを構えて動画撮影。
オイオイオイ!気持ちは理解できるけど。
でも違うやろ、と。
「Run To The Hills」の途中なんかフツーに後ろの兄ちゃんに肩叩かれて「オレと友達との写真を撮ってくれ!」って興奮気味に言われたし。
えー!?今?自分も興奮しとるやん。後でエエやんか。
そう言う僕も、この国では肖像権無視して撮ってるけど。
今回の「Iron Maiden」でのエディ
画像 1913
コレがゆらゆらと、不思議とリアルに動いてました。

あ、あとブルースのMCも英語圏だけあって日本でのソレよりよく喋ってましたね。

いやー、素晴らしかった。
一緒に歌えて、動けて、聴きこめて・・・あんた達やっぱ現役最高よ!
「Die With Your Boots On」「22 Acacia Avenue」とかも聴きたかったけど、「Moonchild」「Fear Of The Dark」とかまで聴けたし。
生涯ついて行きます。


そうそう、今月の末にもサンフランシスコまでライヴ観に行きます!一人で。
(僕の中で)ANTHEMに続く日本産ヘヴィ・メタルの旗頭、CONCERTO MOONがイベントに出演するんですよ。
しかもドラムは日本が誇るミニ・コージー・パウエル、長田昌之!
さん。ハイハットアタッチメントって、What?な漢。
日本代表として勿論応援しに行きます。

あ、あと7月中旬まで暮らす家が決まりました。
ここから車で10分ほどのところにあるホストファミリーです。
60代の夫婦+小犬の家です。
そこから毎日英語のフリースクールに通います。
家でネットが使えないらしいんですが、また報告します。

5月30日(金) Just Guraduated!!
5月30日(金)、8ヶ月間の語学留学生活を終え、無事この学校を卒業しました!!
いやー・・・僕には本当に長かった!

5ヶ月コース・8ヶ月コース合同の卒業式

画像 1867

卒業式には毎回コスチュームのテーマがあって(パジャマとか西部劇とか)、今回のテーマは「アカデミー賞」。
つまりレッドカーペット、ハリウッドですよ。
なので校長以下、関係者全員がスーツやドレスでコスプレしてるんです。
(校長(男)はなんかよくわからん民俗衣装みたいなの着てたけど)
ま、半分お祭りなんで特に男はハロウィンの時みたく好き勝手にコスプレしてましたけどね。
僕は(日本での)いつも通り、蝶ネクタイで俳優ならぬウェイトパーソン風。

画像 1879
最後の担任、エリックと。

で、担任が生徒の簡単な紹介をして一人ずつ名前を呼んで卒業証書を手渡していきます。
プラス、何か印象深い生徒には特別に表彰が。
僕ももらいました。
その名も「Best Attendance」賞。
そう、毎日2~4コマある授業を8ヶ月間1回もサボる事なく出席率100%で終えました!
(8ヶ月では僕だけ。あと5ヶ月の方でナタリー(ワキガ)だけ。)
落研のみんなには信じられないですよね。大学の時と比べて。

1-3回生の時はほとんど授業に出てなかったあの僕が。

試験もいつも寝過ごして「今回単位を取るのは得策じゃないと思った」なんてワケわからん言い訳してたこの僕が。

夜中にCD聴いてビデオ観てBURRN!読んではコージーに打ち震え、ウイイレのリネームばっかり狂ったようにしてたあの僕が。

夜な夜な落研のBOXに忍び込んでコージーの真似しながらドラム叩いては漫画読んでたこの僕が。

信長書店でレンタル100円AV選んでる途中に猛烈に腹が痛くなって、夜中の4時に駐車場の隅っこで野グソしてたこの僕が。

夜更かしし過ぎやと思って早朝に大和川までジョギングしに行ったら野犬に取り囲まれたこの僕が。

ま、もう28やし会社辞めて来てますしね。
それに100%じゃなくなった瞬間にズルズルと休んでしまいそうやったし。
意地と欠席予防だけでここまで来ました。

能力的には、伸びたところ、伸びてないところ、いろいろあると思いますが・・・
8ヶ月過ごしてとりあえず思うことは…

なにが「フ~♪」や

なんかあったらそう言うそのしょーもないノリ、何?

言ってる奴ら全てに対して8ヶ月間ずっと思ってました。

そしてその晩はみんなでパーティー。
今回の卒業生たち
画像 1906

なんと在校生の日本人仲間たちが卒業生のためにDVDを製作してプレゼントしてくれました。
僕たちの8ヶ月の写真と動画の数々が音楽に乗って流れ、終わったかと思いきや最後に近しい人からのメッセージが入ってるような感じ。
これは本当に嬉しかった。
(笑顔しか出んけど)涙が出るほど嬉しかった。
いつも友達として付き合ってるだけで何かしてあげてるワケじゃないけど、こうやって気持ちを表せてもらえる僕たちは本当に幸せです。
あれから毎日1回は見てます。
みんな本当にありがとー。
この日記のアドレスまだほとんど教えてないけど。
これからもずっとよろしく。


Hisa





追伸



EFのみなさんへ



翌月曜日のTOEIC(Bob)の授業にも勝手に出席したので、出席率がついに100%を超えてしまいました。

5月26日(月) 祝日
そう言えば土曜の晩はリムジンパーティーに行ってきました。
ハマーのリムジンを4時間貸し切ってサンディエゴをドライブ。

CIMG9801.jpg

この中で音楽かけながら飲んで騒ぐんです。
ずっと同じクラスであるリン・チン(台湾)のバースデイパーティーでした。

CIMG9812.jpg

これはワザとちゃいますよ。
僕が車の中にお菓子の大袋を置いてたんですけど、走っているうちにそれがすべってしまい、コリアンの子が家で作ってきたケーキ(勿論「HAPPY BIRTHDAY リン・チン」って書いてあるやつ)を思いっきり潰してしまったんです。それで主役に怒られて。
ま、その子とも仲いいから、(僕が)謝りながら大爆笑してしまいましたけどね。

そして昨日の祝日はまたもや海へ。
そんなに暑くなかったんで、泳いでる人は少なかったです。

CIMG9887.jpg

最初何人かでフリスビーやってたんですが、その後地元の若者4人にサッカーの対戦を申し込まれました。
僕は下手やからやりたくなかったんですけど、こちら側のやりたいメンバーが他に3人しかいなかったので渋々・・・。
最後にサッカーしたのって何年前の盆休みやろ。
でもやり始めたらやっぱ楽しかった!!
そして圧勝!
CIMG9902.jpg
左から
パスカル(19歳:スイス)…うちのエース。テクニカルで超ウマい。敵も合わせてダントツ。ちなみに頭もイイ。
敵1、敵2
トモさん…バレーが本職。33歳やのに体が柔らかくて、サッカーでも体の入れ方とか使い方がスゴく上手くてビックリした。
BOKU
ジョー(19歳:大阪)…こいつも経験者。なので勿論ウマい。パスカルと違って馬力を感じさせる上手さでした。

いやー、僕は何回もミスしてましたね。
しかもドリブルを避け、開始直後から得意の速過ぎるキラーパスをズバズバ蹴る。
誰も追いつけない。
大学のときのくわがたの「んもうっっ!!」っていう魂からの叫びを思い出しました。
でも、最初は強いかなと思った相手に押し気味で試合を進めていることに気付きだしてからは自信が出てきて、結局3~4点ぐらいゴールも決められた!股抜きとかで。
最後には10点差ぐらいつけて勝ったんかな?
結局海でのサッカーって「砂の上でどれだけ動けるか?それを続けられるか?」ってことが大きいのかなという感じでした。
こっちは全員が動き回ってた。
僕もテクはないけどかなり足腰粘り強くいけたと思います。たぶん。

また日本帰ったらみんなで海でしたいです。
5月25日(日) EF最後の週末
またまた滞って本当にすいません。

チャールズさんとたまにスカイプで喋ってます!
カメラを手に入れたからお互いのライヴ映像付きで。
他のみんなも早くスカイプなりWindowsメッセンジャーなり早くしましょう。

そしていよいよこの学校最後の週末です。

こないだはついにメキシコへ行ってきました。
・・・と言ってもサンディエゴの隣町のティファナですけど。
画像 1830
日本人・外国人ををカモにしてるぼったくりのみやげ屋ばかりで、歩き回るのが楽しかった!
メイデン&AC/DCのTシャツも激安で買えたし、タコスも食べたし、何よりも揚げたてのチュロスが超モチモチで最高に美味しかった!!

そして今日は、僕と同じ時に来た仲間みんな(9月組)+αで最後のお出かけ。
ビーチへ行って韓国料理食べて僕の部屋で飲んでUNOと大富豪をして遊びました。
画像 1845
楽しかった!
明日もアメリカの祝日なんで、またみんなで海へ行ってきます。
4月29日(火) 報告
画像 1821

ハウスメイトのリオ(台湾)の髪を切ってあげました。
ちょっと松井秀喜みたいな顔になってるけど。

いやー、もう暑いです。
海水浴シーズンが到来してます。

あとひと月でこの学校も修了です。
長かった。
7ヶ月勉強してきて伸びた部分も勿論あるんですが、当初期待してた程にはペラペラになってません。
でもとりあえずケリはつけたいので、6月からさらにひと月ちょっとだけこっちに残ってから帰国しようと思います。

あと、ヘッドセットを買ってSkypeを始めました。
誰でもどこでも無料でインターネット通話ができるので、Skypeのアカウントを持ってる人は是非
「hisa1812(日本)」
を検索してメンバーに追加してやってください。
よろしくお願いします。

サンフランシスコ旅行シリーズ
アルカトラズ島
画像 440
サンフランシスコ沖すぐにありました。
勿論行ってきましたよ!
4月11日(金) Cornflakesが止まらない
なんてダジャレさえ日本人に通用しない日々です。

いや、カフェテリアに置いてあるコーンフレークがうまくて止まらないんですよ。

味はケロッグコーンフロストと全く同じなんですが、留学を始めて半年近く経ったこないだ、初めて食べたんです。

それまではアメリカで生の牛乳を飲むのが怖くて控えてました。

(そんなことないです?やからいつもコーヒーとか紅茶と牛乳を混ぜて飲んでました)

でもカフェテリアの食事があまりにもおいしくない日々が続いたので、思い切ってコーンフレーク+牛乳に挑戦してみたら・・・甘くてめちゃくちゃ美味しい。

それ以来毎食後に2杯は食べてて、特にそれに気付いた次の日なんかは3~4杯づつ食べました。

なもんで1週間と待たずにすぐにお腹が出てしまいました。そらもう、甘いもんなー。

ただ、今はコーンフレークが切れてるから最近はもう食べてないんですが。


あともう一つ発見したのがセロリ。

結構みんなサラダバーで生のセロリを取ってバリバリ食べてるから僕もトライしてみたら、これまた美味しい。

全然臭くなく、やからといって水くさすぎる訳でもなく。

多分日本で売ってるヤツとは品種が違うんやと思いますけど。ぶっといし。

これまた毎食10本は食べてます。ちょっとだけマヨネーズをつけたセロリバー。

日本に帰ってからもトライしてみよう。


あとはちょっと春休みの写真を。

まずはヨセミテ国立公園。

サンフランシスコ郊外にある、1000万年前からの地質変動と氷河によってできたすばらしい自然。

勿論世界遺産に、そしてアメリカ三大国立公園の一つにもなってて(あとグランドキャニオンとか)、その3つの内でも一番人気があるらしいです。

トンネルビュー
DSC01451.jpg
左側が世界最大の一枚岩、エル・キャピタン。この景色が一番有名なポイントですごくヨセミテっぽくて、僕もここが一番好きです。

ハーフドーム
DSC01485.jpg
半分のドーム。登山用具のブランド「THE NORTH FACE」のマークの元になってるらしいです。この眺めも素晴らしかった…。


画像 1526

ほら、こうやって人間が2人映ってるだけで最初の人類(アダムとイヴ)に見えません?僕はこの写真見るだけでも完璧にテンション上がってしまいます。

岩、森、滝、川、花・・・ほんとに美しかった。

いや本当に、人間なら一度は訪れた方がいいと思います。是非!

ちなみにサンディエゴに帰ってきてからうちの母ちゃんにメールで

『ヨセミテはほんまによかった。死ぬ前に1回は行った方ええと思うで』

って送ったら、

『よかったなぁ!でもおばあさんは、そんないい所でもよう行かんわ、と言ってます』

ってすぐに返ってきました。

アンタそんなスピードボール投げるんや、実の母親に。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。