語学留学日記 by ぽけもん
カリフォルニア州サンディエゴでの10ヶ月間
プロフィール

成田家ぽけもん

Author:成田家ぽけもん
28歳 男
EF International
Language School of
English at San Diego
2007.9 - 2008.5

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月22日(月)~24日(水)
学校の近くは昨日無事鎮火しまして、本日24日の昼前に学校に戻って来れました。燃えなくてよかったー。でもまだ全ての山火事が鎮火した訳ではないみたいです。
日本でも避難なんてした事なかったのに…貴重な経験ができました。

22日(月)スタジアムへ避難
午前中に近くの地域に避難勧告や警戒が発令されたため、荷物をまとめて避難所へ移動。アメフトのサンディエゴチャージャーズのホームスタジアムです。
20071024083513.jpg

20071024083649.jpg
すんごく大きくてビックリしました。でもカンプ・ノウなんてもっとデカいんやろな~。
到着してまず驚いたのが、全ての対応の早さ。
できたてのピザも、タコスも、サンドイッチも、ジュースも水も、食料関係は既になんでも手に入ります。
さらにそれに続けと付近の住民が次々に、水だお菓子だ毛布だ枕だと家にある物を当たり前のように次々と搬入。自分らどんだけ食料買いだめしとんや(スーパーに行っても感じますが)。
そしてみんなが自主的にそれらを運んだり並べたり配ったりしてる。それなのにみんなの動きは完璧にオーガナイズされる。凄い。
でも、ルームメイトのバスティはそのスケールの大きさを目の当たりにして「まだそんなに危機的な状況じゃないのにみんな騒ぎすぎだ。ドイツでは考えられない。クレイジーだとさえ思える」と言ってました。
なるほど。確かに。
でも、政府が危険な地域だといった以上は、安全な場所に避難してやり過ごす方がいいんじゃないの、それにこの対応の早さは素晴らしいよ、と言ってなだめておきました。
あとは娯楽。
マジシャンやピエロや風船やおもちゃコーナーなどの子供向けのコーナーは特に多かったですが、他にも大人向けにトランプや本なども配ってました。
この心意気は嬉しかった。
で、僕が本のコーナーで“小学生のためのメジャーリーガー物語:イチロー編”みたいなのを立ち読みしてたら、係の兄ちゃんが「僕のオススメはコレだよ」って“女性向け:How to彼氏作り”みたいな本を薦めてきました。「No!僕は男だよ!」って言ったら「だから読むんだよー」とか言われた。そりゃ一理あるかもしれんけども。
そうしてお昼の腹ごしらえして一段落した後、館内放送でボランティアのお願いがあったので数人で行ってきました。じっとしててもヒマやし。
搬入された食料を整理するお手伝い等を夜までしてました。
そして夜。
20071024083718.jpg

20071024231646.jpg

20071024231711.jpg

20071024231741.jpg

またできたてのおいしいピザをつまんだ後、いきなりチャリティバンド演奏が始まるじゃあありませんか。さすがアメリカ。
20071024085111.jpg
しかも1曲目はジョニー・B・グッド!
僕と隣のおばさんはノリノリでした。
その後もブルーズ・ジャズ・カントリー・フージョン等を延々と続けてました。
やはり黒人ならではの躍動感を持ってたドラマー
20071024085143.jpg

そうこうする内に、ライフルを持ったアーミーが続々と入場してくる。なんで?と思ってたら・・・
出た!!カリフォルニア州知事、シュワルツェネガー!!
20071024231542.jpg

20071024085208.jpg
ちょっとじいさんになってたけど、やっぱシブかった!
普段は“ブッシュはアホだ”なんて本を堂々と売ってたり、「あんなアクション崩れが州知事だなんて」とかみんな言ってるけど、やっぱりみんな写真をとりまくってましたね。これは日本と同じ。
何人かの生徒は握手もしてもらってました。僕は知事がスタジアムから車で去る時に「Thank you」って言ったら、「See you」って言ってくれました。
ちなみにこの写真、僕の横で見てた気持ち悪い中国系アメリカ人に「僕のPCに送ってちょうだい!」と言われました。
送ってあげたら、お礼と、「もしまだ何か困ってたら何でも助けるから言ってくれ」という返事を返してくれました。よかった。
その後夜12時に就寝へ。
みんなはスタジアム内部の通路にズラーっ並んで寝ましたが、僕は人の少ないところで寝たかったので、バスティに観客席の間で棺桶に入るように寝ようと提案。
早速寝床作りに入ったんですが、観客席の天井で流れてるテレビが超うるさい。しかももう報道特番も終わってただのトークショーになってるのに、なんで消さへんのや。なんとか背伸びしてバスティに消してもらいました。
しかし、両隣のブロックのテレビも超うるさい。だから消そうと思って、隣で同じように寝ようとしてる人に「消してもいいですか?」って尋ねると「ダメ。観たいから」。いやいや、もう寝るとこやん!ってバスティとこっそりツッコんだ後、コイツが寝てから消そうぜという事になり、僕がパイプ椅子を見つけてきて(バスティでも届かなかったから)なんとかひっそりと消してやりました。
子供が泣きじゃくったりして夜中に何回も目が覚めたけど、朝8時までわりとぐっすり眠れました。コンクリートの上で。

23日(火)移動
朝起きたら・・・山火事が増えてる!こりゃエラいこっちゃ。
お疲れのバスティ
20071024231811.jpg
「子供が泣いてた時はホントしばきに行きたかったね」
難民状態のBOKU
20071024085244.jpg
「やっぱり!?行きたかったよな~」。ちなみに僕の帽子ではないので安心して下さい。
校長のオリビアから説明があり、今夜は全生徒がホテル・ホストファミリー・関係者宅のいずれかに泊まれるとの事。やっとシャワーや~。そう、みんな足の臭いがテリブル。
ちなみにこの朝、共同通信社の取材を受けました。10月25日付けの全国各地方紙が記事を掲載してくれるかもしれないとの事。
取材を受けた生徒の地元紙、すなわち福井新聞・埼玉新聞(・富山新聞・京都新聞)は掲載の可能性大だそうです。福井新聞には、カラーでデカデカと載ってたよ、お母さんの年まで載っててイヤやわ、とうちの母ちゃんから連絡がありました。
そして僕は先生であるブライアンの家で厄介になる事に。阪大生の康之(23歳)とフレッド(パリジャン)の3人で移動。
ブライアン宅
20071024083549.jpg

20071024083614.jpg

20071024231846.jpg
独身社会人4人でこの家をシェアしてました。
普段は生徒の心が掴めない不人気教師なんですが、僕らにいろいろ気を遣ってくれて、安くてウマい食べ放題のレストランやビーチに連れてってくれたり家の中のものを自由に使わせてくれたりしました。だから不人気の理由はここには書かないでおきます。レストランではいきなり鼻血出してたけど。ありがとうブライアン!
何と言っても、もぎたてのオレンジが甘くて最高に美味しかったよ。僕がカフェテリアで作って食べてる永谷園のお茶漬けとアジア人街の肉うどんと首位を争うね。
夜、学校に一番近い山火事が無事鎮火!この日はカーペットの上でぐっすり眠れました。

24日(水)帰宅
そして今日、午前10時から学校に戻ってヨシとの事で戻って来ました。

いろんなアメリカを感じた3日間でした。
明日からまた本格的に授業再開。
避難前より太ったこの体でまた頑張ります。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

フレッドとのお泊まり、こっちは嫉妬の炎で胸が焼け焦げるぜ!!

ニュースの背景にポケモンを探したけど見当たらず。ほんと、早速なんか起こったな、次はもっと色っぽい妖艶な出来事希望だぜ。
【2007/10/25 02:02】 URL | チャールズ #- [ 編集]

〉チャールズさん
無事寮に帰ってきました。
フレッドとヤスと一緒でよかったですね~。フレッドはよくPSPで「鉄拳」をしてましたが。
福井新聞には写真付きで確実に掲載されるそうです。あとは共同通信社か福井新聞のサイトでも調べてみますわ。
また今度、バスティと一緒にバーかクラブに行く予定です。
【2007/10/25 03:30】 URL | ぽけもん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。